断捨離

昨日の台風は凄い勢いで この木津を通過して 今朝は台風の清掃を受け 空気は澄み 過ごしやすい気温を提供してくれている

私は以前より台風は地球のクリーナーと思っている
不要なゴミを飛ばし あらわにして 人間に清掃の時を促す (特に自然界に帰らないゴミ)

今朝もお客様の家の樹木の倒木が心配でパトロールに回っていると そこらじゅうにゴミが散乱している
b0392583_09293403.jpg
特に気にかかるのが 紅葉(楓)の落ち葉

今年は例年に無く猛暑続きもあってか 紅葉の葉が焼けている 
いやこうようしている
b0392583_09294071.jpg
紅葉はよんで字の如くこうようである 時期は11月頃が普通だがなぜ今?

落葉樹で有る紅葉のこうようは落葉時に葉っぱに糖分を蓄え落とす このことにより落ちた種の栄養(腐植)を促進させる行為と考える

おそらく気候の問題で早くに子孫を残す行為なのだとは思うが、理由は気候だけなのだろうか?

私が考えるに 磁場の変化 それと地球の緯度の(地球と太陽の角度)が関係していると思われる

温暖化が騒がれる一方 寒冷化も話題とされている

古来日本の氷河時代は針葉樹林に覆われ 落葉樹が乏しいユーラシア大陸の一部だったと言われている

その当時の太陽と地球の角度状態は後調査課題とする

落葉樹特有の種子(コナラ)などの食物とされる物が少なく全般的な生物が狩猟を元とし生活をしていた(現在生息する日本の小動物の少ない時代)
から一変し温暖な気候が現在へと変化し 現在の農耕社会へと変化してきた

この仮設から考えるに現在の落葉樹の異常と見られる現象は氷河期を迎える前触れかと考えられないだろうか

樹木は基本 自身に不要な部分を風や雨の力をつかって排除していく 人間で言うところの角質や髪の毛の入れ替わりといったところだろうか

楓 この語源の一説としては、 かえるの手に似た葉っぱ カエルデ からきたとされてはいるが、

風の木と書く理由として この樹木は地球の風の変化を読み解く事が得意とする樹木ではないのか?と私は考える

前文が長文化してしまったので タイトルの文章は断捨離しよう

断捨離

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる

自然界ではこのような事を当たり前にやっているのだ 人間とは違って

私は数年前より 出来る限り実行している
1 携帯 スマホ
2 砂糖
3 化学調味料
4 シャンプーリンス
5 クーラー
6 靴
7 30分以上移動に掛かる仕事の受注
他色々
かなり以前の生活よりシンプルになったが、問題なく生活が出来ている

人に与えられた知能と技術はあるが 樹木と同様シンプルに生きていく事も考えていく道もある事に気付く






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by soushien_takatin | 2018-07-29 09:31 | 雑記 | Comments(0)

現代まで生き抜いてきた人類 自ら歩みだし人としての由縁を探す冒険に出発しよう


by soushien_takatin